時間外・休日労働に関する協定届
時間外・休日労働に関する協定届
 時間外・休日労働に関する協定届(三六協定届=「サブロク協定届」)

三六協定届=時間外労働・休日労働に関する協定届のこと

労働基準法第36条に規定されている
「使用者は、事業場の労使協定を締結し、それを行政官庁に届け出た場合は、
その協定の定めるところにより労働時間を延長し、または休日に労働させることができる」

会社が、三六協定届を届出していないで、
従業員に残業させると違法!ということになります。


会社と従業員の代表者が協定を結ぶのですが、
その代表者についての選出方法などが
下記に該当すると三六協定自体を「無効」と判断されることがあります。


・会社側が従業員代表者を一方的に指名している場合

・親睦会の代表者が自動的に従業員代表となっている場合

・一定の役職者が自動的に従業員代表となることとされている場合

・一定の範囲の役職者が互選により従業員代表を選出することとしている場合

なお、従業員代表の選出にあたっては次の条件が満たされている必要があります。

○候補者の適否について判断する機会が、事業場にいる従業員に与えられていること。

○事業場の過半数の従業員が、その候補者を支持していると認められる民主的な手続がとられていること。

(その方法は従業員の投票、挙手、その他の民主的手続によること。)

限度基準告示

三六協定で定める時間については「限度基準告示」があり、行政官庁はこの限度基準に適合するよう助言・指導を行っています。

 

一般の労働者

対象期間が3ヶ月を超える1年単位の変形労働時間制

1週間

15時間

14時間

2週間

27時間

25時間

4週間

43時間

40時間

1ヶ月

45時間

42時間

2ヶ月

81時間

75時間

3ヵ月

120時間

110時間

1年間

360時間

320時間



FAQ 三六協定

Q1)三六協定の特別条項って?

A1)臨時的に限度時間を超えて時間外労働を行わなければならない特別の事情が予想される場合に、「特別条項付きの協定」を締結していれば、限度時間を超える時間を延長することができるというもの。

ひらの事務所LINE
LINEアイコン
ID「hirajimu」で友達追加または下のQRコードを読み取ってください




こんにちは!ひらの事務所です。
開業15年目の世田谷上町にある社労士事務所です。ネット内の掲示板(MyKomonマイコモン)を提供して、お客様が24時間いつでもひらの事務所宛のメッセージを書き込みいただけるように、手続控や雇用契約書などを共有フォルダに保存しています。また、LINEやChatWork、Slackを使って社長様×人事担当者様×総務担当者様など複数関係者がいっせいに素早くコミュニケーションがとれる体制を作りお客様の疑問難問即解決部隊をしています。ネット内掲示板を使っていますので関東以外のお客様とも多くお取引があります。
育児休業中に社労士資格を取得したこと、ペーパーレス絶賛推奨、労働保険社会保険手続を完全電子申請応し「仕事が早い」「レスが早い」のが自慢です。
事務所メンバーは働く母歴20年の代表はじめ全員が現在子育て中のため、仕事はサクサクこなします。ひらの事務所の得意業務は「給与計算」。「起業後3年以内」「30人弱」「外国人従業員」のお客様のサポートが大好きです!